アイフォン、アンドロイドの「箱庭」「かわいい」無料アプリを実際にプレイしてレビュー!最新情報も!毎日更新!

スマホ版DQ4攻略「四天王全員一気に倒すわ編」

Pocket





第33弾!

1800円もしたから適当に攻略してふざけつつも全クリ目指そうのコーナー!

[※注意]

・本記事はクリア済みの方、経験者で挫折した方などが懐かしむ為のものです。

・勿論攻略情報や、話の流れはわかるよう記載していきますが詳細を伝える為の記事では無いのでご了承下さい。

 




 
 

 
 

前回に続き、デスキャッスルへの道を阻む4つの結界を破る事に。
※どの結界から攻略してもOK

 

 

南西のほこら

 結界を破る為に訪れる4つの祠はほぼ仕掛けもなくいきなりボスと戦う事になるが、唯一この「南西のほこら」だけは仕掛けが有る。

といっても”人形は自分と同じ動きをする、人形に触れると入り口まで戻されてしまう”というだけのものなので周りのブロックを利用して動きを封じれば簡単に奥の階段まで辿り着けるハズ。

階段を降りるとすぐボスへ。

 

 ボス「ギガデーモン」に話しかけると辿り着いた褒美として部屋の真ん中辺りを調べろと言われる。

しかし褒美というのは勿論嘘。
調べると不意打ちからバトルが始まるので注意。

【どうでも良いような良くないような話】

FC版でも同じようなやり取りはあったものの、恐らくプログラムミスによって振り返ってバトルに突入しても通常通りバトルが始まり何のデメリットも無い。

PS版以降のリメイク版からは振り返ると本当に不意打ち状態からバトルが始まり、不利な状態での開始となった。

 

 

 ギガデーモンは攻撃方法が物理攻撃しかないのでスクルトを重ねがけし、切らさないようにすれば楽勝。

怖いのはたまに出してくる痛恨の一撃のみ。

【どうでも良いような良くないような話】

元祖FC版ではHP1023に加え、毎ターンHP100自動回復、ぼうぎょで被ダメージが1/5なる、などかなりタフな敵だった。

ただしPS版からはHPが倍以上の2300になったものの自動回復がなくなった事でスクルトさえ切らさなければいずれは勝てる敵に。

DSやスマホ版ではぼうぎょの仕様が変更され、”物理ダメージ1/5、呪文ダメージ1/2″という効果になったものの、この効果は実際にギガデーモンの行動順が回ってこないと発揮しない。

彼の素早さは僅か5。
圧倒的無意味。

 

 

 という感じで何の苦労も無く撃破成功。

 

 ちなみにPS版以降のリメイクでは100%「こんぼう」を落とすものの…勿論この時点こんぼうなど全く要らない。

圧倒的無意味。

 

 

北西のほこら

 「北西のほこら」では「ヘルバトラー」とのバトルに。

ほこらに入るとボスまで一直線。

 

 ダイの大冒険にも登場しているヘルバトラー。

強敵として思い出に残っている人も多いであろうこのモンスターは「イオナズン」「はげしいほのお」「こごえるふぶき」など強力な全体攻撃をバンバン使ってくる。

しかも毎ターン1~2回行動に加え、時折使ってくる「おたけび」などで回復役が行動不能にされると一気に崩される可能性もあるので万全を期し挑みたい。

 

 ただしマホトーン系が効く為、静寂の玉や魔封じの杖で呪文を封じつつ、フバーハなどでブレスも軽減すればかなり安全に戦える。

ゴリ押ししか知らなかった小学生から大人になった皆様は是非活用を。

 

 勝利すると100%「きせきのつるぎ」を落とす。

この時点ではそこまで強力な武器では無いものの、装備出来るキャラが多いのでもし武器などをあまり買ってこなかった場合は活用出来る。

 

 

南東のほこら

 「南東のほこら」では「アンドレアル」とバトルに。

ここでもボスまで一直線で辿り着ける。

 

 アンドレアルの攻撃手段は通常攻撃と「高熱のガス」のみなものの、最初から3体で登場する上、1体倒すと新たに仲間を呼ぶ。

一見すると厄介な相手にも見えるがラリホーやメダパニが効くので知っていれば苦戦する事はほぼ無い。

【どうでも良いような良くないような話】

リメイク版からは改善されたものの、元祖FC版ではHPが300とその辺りのザコ敵より低く、ザラキも効いてしまう仕様だった。

リメイク版からHPは450に情報修正され、ザキ系も完全耐性になった事で少しはマシに。

 

 

 ちなみにFC版では上記したようHP300だった為、ギガデイン2発で一掃出来たのはそこそこ有名な話。

 

 リメイク版以降は100%「ドラゴンシールド」を落とす。

この時点での性能としては少し心もとないが、高値で売れるので強力な装備の購入資金にしてしまうのも有り。

 

 アンドレアルはセリフ的に部下一番の忠臣者としても有名。

 

 

北東のほこら

 最後となる「北東のほこら」では何故かモンスターではなく神父の姿が…。

話によると間もなくデスピサロは進化の秘宝を使い、異形の者となり目覚めるとの事。

そして変わり果てた姿になった時、心には人間への憎しみしか残っておらず、二度と魔族の王に君臨する事なく自ら朽ち果てるとの事。

まるでデスピサロが破滅する事を望んいるかのような口ぶりだが…?

 

 その理由は神父の正体「エビルプリースト」がデスピサロを出し抜き、自らが魔族の王として君臨しようとしていたが為だった。

正体を現したエビルプリーストとのバトルに。

 

 ボス戦ではエビルプリーストに加え、スモールグール3匹とのバトルになる。

スモールグールはザコ敵とはいえ麻痺攻撃なども仕掛けてくる中々厄介な敵なので呪文で一掃したいところではあるものの、エビルプリーストには最初からマホカンタが掛かっているので下手にギガデインなどをうってしまうとこちらが大打撃に…。

その為、まず天空の剣でマホカンタをかき消すか、スモールグールにはニフラムが効くのでニフラムで一掃出来れば楽。

【どうでも良いような良くないような話】

元祖FC版のエビルプリーストは2回行動ではあるものの全てのステータスがザコ敵の”だいまどう”より低く、ボス敵でありながら”だいまどうの下位種”の異名が広まってしまった。

リメイクによってステータスが上方修正された事により、素早さ以外はだいまどうを上回る事に。

ただしこの時はまだ…おっと。

 

 

 エビルプリーストは呪文攻撃主体なので1体になったら(なる前でも良いですが)マホカンタを唱えれば後は楽勝。

あるいは天空の盾を道具として使用すればマホカンタと同様の効果を得られるのでおすすめ。

 

 これで結界を守る四天王は全員撃破となり、デスパレスへと続く道が開けた事に。

いよいよデスピサロとの決戦を迎える事になるが…続きは次回更新にて!

お楽しみに!

※毎週日曜に更新連載!

・第34話「デスキャッスル」
 
 

 
 


The following two tabs change content below.

アルス

これまでアプリを含めると約5500種類以上のゲームをプレイ。 スマホゲームは勿論、家庭用ハードもPCゲーも少しでも気になったものは片っ端からプレイ中! おもしろいゲームをどんどん広めるのが生きがい。 【好きなジャンル:RPG、シミュレーション、アクション、育成、箱庭、放置ゲー】 【現在のゲーム割合:スマホ7、家庭用2、PC1】 【休日の過ごし方:ゲーム】 【徹夜の理由:ゲーム】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無題

Twitter

最新記事

【あめのことう】序盤攻略&レビュー【リセマラ不要】
【あめのことう】序盤攻略&レビュー【リセマラ不要】
放置少女攻略「副将の性能&現在の入手方法一覧(随時更新)」
放置少女攻略「副将の性能&現在の入手方法一覧(随時更新)」
【文豪ストレイドッグス 迷ヰ犬怪奇譚】リセマラ方法&ガチャ当たりSSR
【文豪ストレイドッグス 迷ヰ犬怪奇譚】リセマラ方法&ガチャ当たりSSR
【マジックにゃんタジー】リセマラ方法&ガチャ当たり星3伝説キャラ
【マジックにゃんタジー】リセマラ方法&ガチャ当たり星3伝説キャラ
【サンゴクラッシュ(サンクラ)】リセマラ方法&ガチャ当たりキャラ
【サンゴクラッシュ(サンクラ)】リセマラ方法&ガチャ当たりキャラ