アイフォン、アンドロイドの「箱庭」「かわいい」無料アプリを実際にプレイしてレビュー!最新情報も!毎日更新!

スマホ版DQMテリーSP攻略「れっぷうの扉(魔戦士サイフォン戦)」

Pocket





第31話!
ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP(スマホ版)連載攻略!

1600円(セール中に購入)もしたから適当に攻略してふざけつつも全クリ目指そうのコーナー!

[※注意]

・本記事はクリア済みの方、経験者で挫折した方などが懐かしむ為のものです。

・勿論攻略情報や、話の流れはわかるよう記載していきますが詳細を伝える為の記事では無いのでご了承下さい。

 




 
 

 
 

前回に続き、最初に選択したのはいわゆる”やつは四天王の中でも最弱”の魔戦士が待ち受ける「れっぷうの扉」へと向かう事に。

 

全9Fという浅めなこの扉には一応Bランクモンスターも登場するものの、それ程特筆すべき敵は出現せずプロトキラーやメタルドラドン辺りを持っていないのであればスカウトしておくべきというぐらい。

て事で最奥にたどり着くと

 

れっぷうの扉ボス「魔戦士サイフォン」が待ち受ける。

 

そして星降りの大会・レジェンドではこの様にパートナーとして選んだ相手のモンスターと自分のモンスターを組み合わせてパーティー編成が可能。

とはいえパートナーのモンスターに直接細かい指示を出す事は不可、作戦でおおまかな行動を取らせる事は可能となっている。

めんどいから全部自分の手持ちでいく。

 

対戦相手は「魔戦士サイフォン/デュラハーン/デッドマスカー」の3体。

3体共魔法攻撃を行ってくるが、3体共マホトーンが有効なので覚えている仲間がいればかなり有利に戦える。

また、手持ちの中に覚えているモンスターがいないのであればカレキ王のマンドラゴラを選択して”マジックバリア””呪文よそく”を使わせるようにするのも1つの手。

 

無事に撃破するもサイフォンが何やら気になる事を…

 

予言…?

 

しかしその話はルギウスに遮られ、二人は次の扉で待っていると言い残しその場から去ってしまう。

【どうでも良いような良くないような話】

ゾンビとなってされ、未だ魔戦士として尽くす姿が老人系モンスター達の憧れの的となっている魔戦士サイフォン。

一応魔戦士の中では最も呪文を得意とる設定では有るものの、他の魔戦士がサイフォンの使うどの呪文より強力な”メドローア”を使用するので少々立つ瀬が無い感も…。

ちなみに、ジュヒョウ編をクリアした後で再度訪れた場合は再戦可能。

その際に5ターン以内で倒せれば仲間になる上、低確率ではあるが最強の杖である”ひかりの杖”を落とす。

 

 

ひとまずこれで人間側の1勝目。

安心してこちらももとの場所に戻ろうとするも、ここで少しカレキ王の様子がおかしい…。

 

という訳でセバスチャンの案内によってもとの場所に戻り、次なる扉へと向かうのだが…続きは次回更新にて!

お楽しみに!
※毎週1回の不定期連載!


 

アプリ基本情報

アプリサムネ

  • 名前:ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP
  • ジャンル:RPG
  • 価格:2400円
  • 対応バージョン:iOS 9.0以降/Android 5.0以上

 
 

 
 


The following two tabs change content below.

アルス

これまでアプリを含めると約5500種類以上のゲームをプレイ。 スマホゲームは勿論、家庭用ハードもPCゲーも少しでも気になったものは片っ端からプレイ中! おもしろいゲームをどんどん広めるのが生きがい。 【好きなジャンル:RPG、シミュレーション、アクション、育成、箱庭、放置ゲー】 【現在のゲーム割合:スマホ7、家庭用2、PC1】 【休日の過ごし方:ゲーム】 【徹夜の理由:ゲーム】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無題

Twitter

最新記事

【スマホゲーム】予約特典有りの事前登録まとめ※随時更新
【スマホゲーム】予約特典有りの事前登録まとめ※随時更新
FF15ポケットエディション攻略「カーテスの大皿~夜叉王の墓所」
FF15ポケットエディション攻略「カーテスの大皿~夜叉王の墓所」
スマホ版DQMテリーSP攻略「だいちの扉(魔戦士ヴェーラ戦)」
スマホ版DQMテリーSP攻略「だいちの扉(魔戦士ヴェーラ戦)」
放置少女攻略「副将の性能&現在の入手方法一覧(随時更新)」
放置少女攻略「副将の性能&現在の入手方法一覧(随時更新)」
FF15ポケットエディション攻略「グレイシャー洞窟」
FF15ポケットエディション攻略「グレイシャー洞窟」